【アナタの力が必要】保育士の復職する方法と時期

女の人

保育の仕事に復帰する

保育士

保育の現場に戻ってみよう

近年、保育士資格を持っているにも関わらず、保育の現場から離れる、いわゆる保育離れが進んでいると言われています。これは保育士という仕事の大変さに対しての対価が釣り合っていないことが原因と言われています。そのため、少子化が進んでいるのにも関わらず、保育士が不足し、待機児童も多いままとなっています。しかしながら、こうした現状を政府が黙って見ているわけではありません。こうした現状を改善しようと保育士の待遇を良くしようと本腰をあげてきました。そのため、現在は保育の現場に復職するのに適した時期であると言えます。実際、政府がどのような介入を行っているのかというと、保育士の給与見直しを行っている他、国からの臨時ボーナスを支払うようにもなっています。このボーナスは勤続年数に比例するため、できるだけ早く復職し、長く保育の現場に勤める程有利なものとなっています。また、現場の保育士の負担を軽減するため、勤務時間や内容の見直しを行っている他、保育園自体も増やすように働きかけていることもあり、現在の保育士の負担は以前よりも少なくなってきていると言えます。こうしたことから、保育の現場から一度離れてしまった人も復職を考えてみても良いのではないでしょうか。勿論、出産や育児等のライフイベントのために保育の現場から離れてしまった人も保育の現場に復職するというのも良いでしょう。一度、保育の現場で働いたことがある人なら、経験がある分、新卒よりも優遇される可能性は大いにあります。

勉強

大学生に人気

塾アルバイト大学生に人気のアルバイトです。時給が高くしっかり稼げる点や、夕方からのバイトとなるため学業に差し支えない点などが魅力となっています。教える能力が身につく点や、仲間と和気あいあいとバイトできる点なども大きな魅力の1つです。

先生と生徒

多くの勤務地があります

家庭教師のバイトは大阪では多く見つけられます。勤務地も自由に選択が可能となっており、空いている時間だけを活用が出来ますので、バイトとしては労働環境はとても良いです。高収入も目指せますので、収入面でも安定します。

学生と先生

やりがいのある仕事です

家庭教師は人気のアルバイトの一つです。家庭教師派遣センターへ登録することで自分のスキルに合った教え子を受け持つことができます。子供のモチベーションや両親の信頼を向上させていくと、目標にたどり着いた時の達成感が自分にも返ってくる魅力的な仕事です。